映画『プリンセスと魔法のキス』感想

★★★★
本日はレイトショーでディズニーアニメ「プリンセスと魔法のキス」を鑑賞。
アニメとしてはやや地味な印象でCMもそんなにやってないし
多分ガラガラだろうと行ってみたら・・・・・・

観客俺一人  orz

まさかのマンツーマン鑑賞とは・・・(昨年は観客3人という記録はありましたが)
映画館に行っても一人というのはなんだかなぁ。

以下なるべくネタバレなしで感想を。
正直なところあまり期待しないで観たわけですが
ものすごく良かった。
ディズニー久しぶりの2Dアニメですがまさにディズニーアニメ復活に相応しい作品でした。
動きはディズニーらしいクオリティの高いフルアニメーションで見せ場も多く
まったく飽きさせません。またストーリーは現代的にアレンジされていて
ディズニー初の黒人ヒロインも斬新です。この点は少々心配だったのですが
まったく問題ないどころかディズニーで一番好きなヒロインかもしれません。
黒人でありながら人種問題をバッサリ切ったのが良かったのかも。
現代アメリカ的な自立した女性像を魅力的に描いています。
またセルフパロディ的な部分もあってエッセンスとしては「魔法にかけられて」に
近い印象ですね。あれが好きだった人にはかなりオススメできます。

気に入ったシーンはヒロインがレストランの完成を夢見るミュージカルシーン。
ここはちょっと作風が変わって切り絵風というかグラフィカルなアニメーションに
なっています。これがかなりの絶品で「そうだ、俺はこういうのが観たかった!」
と思わせるシーンでしたね。
また蛍の群れの道先案内とか主人公を追う魔物の影の動きとか
日本のアニメでは無意識的に避けてしまうような手間隙かかった映像を堪能できます。

キャラクターではヒロインの友人のシャーロットがものすごくいいですね。
普通はもうちょっと嫌な役回りになりそうなんですが彼女は底抜けの明るさというかね
アホの子だけど音が純真というか。その言動は観ていてものすごく楽しかった。
ラストのオチも最高ですw
ワニのルイスは昔のディズニーらしい造形と動きに懐かしさを感じます。
蛍のレイは・・・
最初に見たときはあまりディズニーらしくない(かわいくない)デザインだなぁ
なんて思っていたんですけどね・・・
レイのラストシーンでは思わず
涙腺が決壊してしまいました・・・
いや、そうくるか~って感じで。またその表現方法もね、その手があったか!
と思わず拍手したくなりました。
たぶん昔のディズニーだったら絶対やらなかったんじゃないかな・・・

旧来の良い部分と新しい試みを交えた今作、ディズニーファンならずとも
オススメできます。ミュージカルシーンが多いのでなるべくなら字幕版で!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

プリンセスと魔法のキス@ぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/03/14 04:43
 | HOME |