スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

バイクがパンク・・・

今日ちょっと用事があってゴリラで出かけたところ後輪がパンクしたorz
どうしようもないので800mほど押してバイク屋へ・・・
今日に限って気温が高く久しぶりに汗だくになってしまった。
パンクの原因はチューブがわずかにホイールに噛んでいたらしい。
恐らく空気圧の低下が原因。
修理代は4500円也
修理後めちゃめちゃ走りが快調に・・・
最近加速が悪かったのは体重が増えたせいかと思っていたが
空気圧が足りなかったようだ。 (´・ω・`)

スポンサーサイト
バイク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/27 02:08

映画『イングロリアス・バスターズ』感想

イングロリアス・バスターズ
★★★☆
監督:クエンティン・タランティーノ

いつもの八千代緑ヶ丘TOHOで鑑賞。
観客は自分入れて5人・・・のはずが最後に席を立つときには3人だった。

D1000017_1.jpg←チケットカウンターでもらったチラシ

まさかw
いや多分二人はエンドロール中に帰ったんだろう・・・たぶん。

各方面の映画批評で絶賛ということで観に行ってみたのですが結論から言えば
タランティーノ監督の作品は俺の口には合わなかった。
という感じでした。
バーモントカレー辛口ぐらいがちょうどいい俺がいきなり
LEEの40倍カレーを食わせられた
ような気分。
好きな人にはたまらなく美味いんだろうけど自分にはちょっときつかった。
タランティーノと言えば容赦ない暴力描写というのは聞いていましたが
まさかここまでとは。
ラストのアレとか思わずスクリーンから目を背けてしまいました・・・

話としては中々面白かったです。
反ナチの戦争映画かと思いきや中身は
ギャング同士の殺し合い
でしたねえ。
そこらへんに監督の底意地の悪さというか悪趣味というか
「戦争に正義なんて無いんじゃボケッ!
と言われているような気がしました。
ある意味反戦映画と言えなくも無いんですけど
相当捻くれてますよねこれw

152分という長尺を飽きさせないのはうまいと思うし
映画的に面白いとも感じられるんだけど自分としてはそれを面白いとは
認めたくないというか。
まずくはないけど好みと違うということで評価はちょっと辛め。
理屈では爽快感とは無縁のはずなんですが
観終わった時になんかスッキリした気分になるのは
なんでだろう・・・
やっぱり監督が撮りたいものだけを撮りたいように撮った、てのが
伝わるのが好印象なんでしょうか。
そういう自己主張の強い作品は観てて面白いってことですかね。
好きじゃないけどっ!

イングロリアス・バスターズ@映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2009/11/24 01:59

M3A78 PRO BIOS1305で不具合

しばらく前にASUS M3A78proのBIOSを
1203→1305にアップデートした。
特に問題なく使っていたが最近なんか挙動がおかしい事に気がつき
思い返すとBIOSアップデート以降だと思い出した。
症状は非常に気が付きにくいものだが
スタンバイ復帰後にPS/2接続のキーボードの入力がおかしくなるものだ。
具体的に言うと連続入力が出来なくなる。
例えばキーを押しっぱなしだと
ああああああああああああああああああああああああああああ
となるのが正常だが
スタンバイ復帰後は
ああああ
で止まってしまう。
そのまま押し続けるとマザーから警告音が鳴る。
放すと押していた時間分は入力されている。
文字入力はそれほど問題ないが
CADでキーを押しながらドラッグと言った動作で問題が出る。
ゲームなどでも同様と思われ
通常の起動ではなんの問題もない。
手持ちのキーボード2枚(共にPS/2接続)で検証するも
どちらもBIOS1305で同様の症状。
1203では何の問題もない。

念の為 某掲示板にて同マザーのユーザーに聞いたところ
同様の症状が確認された。
これでBIOSのPS/2絡みの不具合と確定したので
ユニティのサポートにメールを送ってみた。
返事の内容は
現在メーカーに問い合わせ中
回答が出るまで前のバージョンのBIOSを使うか
USBキーボードを使って回避してください。
とのこと。
とりあえず1203に書き戻して使用中。
しかしPhenomのC3対応が1305からなので
早く修正BIOSが出るといいなぁ。
お気に入りのキーボード(ミネベア)がPS/2専用なので・・・



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/20 23:56

映画『Disney’s クリスマス・キャロル』感想

D1000013.jpg
★★★☆

なんか映画観に行きたいなぁと思ってたところ、本日より『Disney’s クリスマス・キャロル』が
公開という事で観に行ってみた。
この作品は3D上映と通常上映があるが今回は3Dの前評判が良かったので3Dで鑑賞。
チケットを購入すると「1300円です。」「えっ?」
そう、本日14日はTOHOシネマズデイなので1000円+300円(3D料金)なのだった。
すっかり忘れていたので嬉しい誤算である。
と言っても深夜だから200円しか得してないけどね・・・
「小銭でも金だ!」←劇中のスクルージの台詞

以下ネタバレあり感想

さてこの映画「クリスマス・キャロル」は世界的に有名なディケンズの小説である。
何度か映画化されているしディズニーではミッキーたちが登場人物を演じた
「ミッキーのクリスマス・キャロル」が有名である。
お話自体はものすごくシンプル。

超簡単なあらすじ

守銭奴の爺さんが三人の精霊に会って改心しました。おしまい
これをディズニーがどう料理するかというのが興味深かったのですが・・・
ものすごく忠実に作ってました。( ゚д゚ )
子供向けと思いきやどう観ても大人向けです。
なにしろ半分ぐらいホラー映画ですから。
まぁ子供向けじゃないのは爺さんが主役のお話ですからしょうがないとも言えますが・・・
そんなちょっと地味目なお話に対して画面はものすごく良い。
ロバート・ゼメキス監督らしいというか特に空中を飛び回るカメラワークが素晴しい。
3D映画の良さを堪能できる画面作りになっています。
このアトラクション感覚はまさにディズニーの本領発揮というところ。
「モンスターvsエイリアン」ではいまいち3Dの必要性を感じなかったのですが
この作品は3Dで観る価値ありです。
あと人間の表情や動きにまったくCG臭さがなくまるで実写のようです。
画面作りも含めて新しい映画の可能性を感じられました。
しかしお話がちょっと捻りなさすぎだったかな。
現代版アレンジの「3人のゴースト」の方が面白かったかなぁ・・・
自分としてはスクルージが改心していくプロセスをもうちょっと丁寧に
描いてほしかった気がしますね。

この映画の正しい楽しみ方は
ホラー映画が苦手な女の子を騙して連れて行くのに最適
これですかねw

DISNEY’S クリスマス・キャロル@映画生活


あ、予告の映画も3Dで観る事が出来ましたけど「アバター」と「カールじいさん」は
面白そうでしたね~。多分観に行くと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2009/11/15 00:52

HD 4350を試す

先日2000円で買ってきたASUS EAH4350 SILENTを使ってみた。
9600GTからの換装。
ゲームはほぼしないので9600GTは宝の持ち腐れというか
電気喰いの騒音発熱源でしかないのだ・・・
まぁ消費電力はともかく
結構発熱が大きいので直上にあるノースチップのシンクが
常に60℃超えというのはなんとなく気分がよろしくない。
そんなわけで
とにかく安くてファンレスのカードを探していたのだ。
4350
取り付けた所取り付け完了
環境は以下の通り

【CPU】Athlon2 X2 250 
【Mem】DDR2 2GB×2
【M/B】ASUS M3A
【HDD】3台
【光学】DVD-R*1
【 OS 】XP home

システム全体の消費電力は
アイドル:82w
ベンチ:118w

うん、良い感じ。
GPU温度は
アイドル:46℃
ベンチ:51℃

さすがファンレスだけあって温度は高くならない。
ベンチスコアは以下の通り

ゆめりあ:10134
Tropics Benchmark:10.1fps/253
Heaven:7.7fps/194
モンハン:868
バイオ5:15.6fps/C
タイムリープ:18fps

うん、ローエンドらしいスコアだ。
オンボの780Gに毛が生えた程度というか
場合によっては負けるw
(780GはPhenomとの組み合わせで性能が上がる)
でもまぁM3Aにオンボは無いので使う意味はある。
このカードの良い点
・ファンレス
・ロープロ
・HDMI端子
・HDCP対応
・メモリ512MB
・低価格(通常でも3000以下)
と言ったとこだろうか。
値段を考えればエントリーカードとしても
また予備カードとしても良い出来かと思われる。
690Gとか古いオンボならそれなりに使う意味はあるかな。
しばらく使ってみようと思う。

自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/13 04:04

映画『つみきのいえ』感想

つみきのいえ
☆☆☆☆
第81回 米国アカデミー賞 短編アニメーション賞 受賞作品

「おくりびと」の陰に隠れてしまいましたが
これもまた日本人が作ったアニメーション作品です。
なんとなく気になっていたので借りてみてみたのですが
結構泣いた。

涙の量としては「グラン・トリノ」より泣けた気がする。
たぶんアニメーションということでかなり観る側での想像力補正が掛かっているんじゃないかと
思う。
悲しいわけじゃないんだけどなんというかものすごく切なくなるおはなしだ。
内容に関してはあまりに短いので割愛するが
心に深く染みとおるような感じだ。
ただこの作品で本当に泣けるのは自分の親父とかなんだろうなと思う。
自分はまだそういう域に達していないから・・・

ものすごく良い作品なんだけれどひとつだけ気になる所がある。
それは・・・

日本人が作ったようには見えないとこ。

それは別に悪いことではないし
日本を舞台にしろとかそういう意味じゃない。
ただもっと「日本人ならでは」の発想とか
作りであって欲しかったかな。
そしてまたこういう作品が作れる日本人がいるというのは
嬉しくも感じる。なんだか複雑な気分だね。
こういう短編映画を集めて上映してくれないかなぁ。
できれば近所の映画館で。

つみきのいえ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/09 22:10

映画『ワルキューレ』感想

ワルキューレ
☆☆☆
以下若干ネタバレ含む感想
劇場で何度か予告を観て面白そうだと思いつつ行かなかった作品をDVDで視聴。
今作のタイトルにもなっているワルキューレ作戦は実際に起きたヒトラー暗殺計画を
モチーフにしている。

ワルキューレは本来有事の際にドイツ国内の予備軍を使い鎮圧を行う作戦だが
主人公らはそれを逆手にとってヒトラー暗殺後にそれを親衛隊が行ったものとして
一気に政権交代を狙う。
史実なので登場人物は実在していたものだ。
そしてまた史実どおりにこの作戦は失敗する。
つまり最後にどんでん返しや意表をついたラストはこの作品にはない。
悲劇的な結末しかないと言うのが映画としては残念ではあるが
作品としての存在意義は高い。
主演のトム・クルーズは相変わらずかっこいい。
これほど眼帯が似合う男はそういないだろう。
全体的にテンポ良くスリリングに話は進むが
絵的には若干物足りないかな。
戦中のドイツの様子を(たぶん)細かく再現してるとは思うのだけれど
もうちょっと「おっ!」というシーンが欲しかった。
しかしこういった史実の再現ドラマとしては適度に娯楽性も加えながら
上々の出来栄えといえるだろう。
個人的には作戦中の緊迫感が「シンドラーのリスト」ぐらいあれば更に良かった。
ドイツ国外ではあまり知られていないヒトラー暗殺計画を見ることができたのは
興味深く楽しめた。
ドイツ国内の話なのにすべて英語なのは仕方ないかな。

ワルキューレ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村







映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/08 16:04

今日の秋葉原

本日は特に目的もなく散策。
秋葉ヨドバシを見上げると
ヨドバシ
クリスマス仕様になってる!
ヨドバシ
ヨドバシ
しかもなんかキャラ増えてるしw
ちなみにメイドのキャラは「Akibaちゃん」というらしい。

T-zoneでファンコンのアウトレットセールがあるので覗きに行く。
4chファンコンを買うかどうか悩みながら売り場をうろついていると
AMDマザー用金属リテンションが処分特価480円になってるのを発見!
(通常1480円)思わずラスト2個を手にレジへ
ファンコンは4480円→2480円のものを購入。
ファンコン

・秋葉の噂
Win7の発売によってそれなりに盛り上がりを見せる秋葉PCパーツショップですが
そのWin7 DSP版の販売に異変が起こっています。
従来もっとも売れているのはFDDとのバンドルですが
代理店側から「FDDとのバンドル売りをやめてくれ」というお達しがあったらしいです。
関連記事
DSP版WindowsのFDDセットが2月に終了?
実際にいくつかのショップではFDDからPCIのUSBカードになってたりしました。
まぁFDDを使うことはほぼ無いわけですから仕方ないですかねえ。
BIOSの書き換えはUSBメモリを使えますし。

おまけ:秋葉の夜景
秋葉
秋葉



秋葉 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/07 23:50

映画『グラン・トリノ』感想

グラン・トリノ
☆☆☆☆

公開時に観に行きたいなぁと思いつつなんとなくタイミングを逸して行かなかった
この作品をDVDで借りて観てみた。
題名の「グラン・トリノ」は主人公が大切にしている70年代の車だ。
しかしタイトルにもなってはいるが劇中には殆ど出てこない。
もちろん派手なカーアクションもCGも無い。
物語は主人公の老人の日常を淡々と描いているだけだが・・・
すごく面白い。
やっぱりこれは映画館で観たかったなぁ・・・
別に大画面・大音響で見たいわけじゃなくて
自分の場合、DVDで観てると身が入らないというか
映画に対する集中力が違うから・・・


主人公の老人は非常に偏屈で車とビールと煙草を愛する
バリバリの差別主義者であり、それは古き良き時代のアメリカの
象徴でもある。
そんな男をイーストウッドが熱演している。
というか年齢が年齢だけにもう殆ど地なんじゃないかと思われるほどだ。
あの歳で一応?アクションシーンがあるのは驚きだw
この映画ですごく良かったのは素のアメリカを感じられた所。
映画の舞台としてではなく、現代アメリカの日常的な風景で
物語が進む。
そして映画特有の「おおげさ」感がないのもいい。
序盤~中盤の隣家との交流は普通の映画だったら
もっと仲良くと言うか分かり合ってしまったりするが
この映画では主人公の価値観は変わらず、一定の距離をもって
理解していく感じがリアリティーがあって良かった。
後半、主人公は自分が原因となったトラブルを「アメリカ的手段」で解決しようとするが
それが元で更にひどいことになる。
そして主人公が最後にとった行動はある程度読めはするものの
観ている者に深く重くのしかかる。
監督の前作「チェンジリング」もそうだが
観終わった時に爽快感とは全くないけれど
それでも良い映画を観たなぁって気分になれる。
今年のオススメの一本と言っていい作品でした。

グラン・トリノ@映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/07 03:30

今日の秋葉原

本日は先週買った特売のスーツを受け取るために秋葉へ。
いつもは朝一だが仕事の都合で午後から向かう。
受け取りだけで行くのはなんか癪なのでT-zoneで15:00からの特売を覗いてみる。
ASUSとGIGAのHD4350が各2000円
ASUSのP5KPL-AM EPUが3980円
それぞれ10台ぐらい。
Intelマザーはよくわからないのでパス。
ASUSの4350を買う。
ロープロ・ファンレスでHDMI端子付きなら持っていても損はないだろう。
4350

それからツクモexにてLANケーブル15M 480円を購入。
ツクモで8GのUSBメモリが980円で出ていたはずだが売り切れていたようだ。
4Gが480円だがとりあえずスルー
メモリ全般的に値上げしていてDDR2は去年の倍の値段になっている。
またmicroSD2Gも今は700円ぐらいになってる。

ブラブラしながら撮影
クレバリー
ボタン電池買っておけばよかったかな・・・
とにかく異常に人が多くて疲れた・・・
天気も悪くなってきたので早めに撤収。
秋葉 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/01 21:41
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。