花火大会

本日は地元で花火大会(八千代ふるさと祭り)があったので
三脚を担いで花火撮影へ。
CanonPowerShot S60で撮影
花火
花火
花火
花火
花火
花火
ちょっと空模様が悪かったのと煙がこちら側になびいてしまったのが残念。
スポンサーサイト
デジカメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/23 02:29

映画『ホッタラケの島 ~遙と魔法の鏡~』感想

ホッタラケ
☆☆☆★
緑ヶ丘TOHOにて鑑賞。本日はポイントが溜まって無料でした。
「スカイ・クロラ」「東のエデン」などを製作しているProduction I.GのフルCGアニメですね。
特に事前知識を入れないで観たのですが・・・
なかなか面白かったです。
すごい傑作・・・と言うわけではないんですが力作・良作であることは間違いありません。
さすがにピクサーとかと比較するとちょっと厳しい感じもしますが
それらとは違った方向性でアプローチしており製作者の意欲を感じます。
特にホッタラケの世界が非常に精密に描かれており魅力を感じます。
これだけでも観る価値はあるでしょう。
少々残念なのは主人公の表情ですね。
いや決して悪くは無い。悪くは無いんですが・・・ピクサーなどで生き生きしたキャラの表情を
見慣れているとちょっと物足りない。主人公が日本人だからこれぐらいの表情のがリアルといえば
リアルなんですがw・・・もっと2Dアニメ的にデフォルメした方が良かったんじゃないかなと。

以下ネタバレを含む感想









序盤で異世界に引き込まれるシーンはちょっとしたホラーで正直ビビリましたw
また中盤でもいくつかドッキリシーンが用意されています。
中盤でシロップの海に落ちるシーンがありますがあれはどうなのかな・・・
あのシーンがあるおかげで「ああこの世界で死ぬことはないだろうな」という認識になってしまい
終盤のアクションシーンでの緊張感が若干削がれてしまいます。
テオが泣くシーンはちょっとギャグっぽい表現なのでこちらとしては
泣くべきか笑うべきか悩みますね。
全体的にもう少し笑えるシーンが欲しかったかなぁ。
羊のコットンは良いキャラでしたね。泣かせる存在です。
あと馬に乗ったシーンのかわいさは異常www
主人公はミニスカの制服スタイルですがこれがなんというか・・・

やたらパンツが見えて困る。

別にサービスショットというわけではなくて、ミニスカでこれだけ激しいアクションしたら
見えるのが当然。
という事らしいです。
おっさんとしては非常に嬉しい目のやり場に困ります。

主人公は失くした物を取り返すことができましたが失くした者は取り戻せないというのが
なんか切ないです。
またラストの別れもジブリのような爽やかなものでなくちょっとウェットなんで
観終わった時にちょっと心が重くなりますね。

なんか取り留めの無い文章になってしまいましたが泣けるし出来もいいので
十分オススメできます。女性が主人公なのでもしかしたら女性の方がより
感動できるかもしれません。
また情報量がかなり多い作品なのでもう一回ぐらい観ないと評価しきれないとこもあります。
観終わった時に映画館の売店でなにげなくホッタラケのグッズを眺めていたら
なぜか涙がこぼれそうになりました。その理由はうまく説明できませんが
恐らくそれだけ心に響く何かがあったという事ではないかと思っています。
うん、できればまた観返してみたいなと思います。

ホッタラケの島 ~遙と魔法の鏡~@映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2009/08/23 01:04
 | HOME |