2018冬アニメ総評

さて一通り冬アニメが終了(1クール作品)しましたので
ざっと感想を。
今期は最後まで見る作品と最初から見ない作品に分かれましたね。
最終回まで見た本数は割と多かったので豊作という感じです。
見たものを評価別に分けるとこんな感じ。

S:傑作・名作
A:他人にオススメできるレベル
B:十分楽しめた
C:なにか足りない


S 宇宙よりも遠い場所

A ゆるキャン△ 三ツ星カラーズ ダーリンインザフランキス ヴァイオレット・エヴァーガーデン

B からかい上手の高木さん ラーメン大好き小泉さん 博多豚骨ラーメンズ 
 キリングバイツ ハクメイとミコチ シトラス スロウスタート

C メルヘンメドヘン ビートレス だがしかし2

評価不能 ポプテピピック

「宇宙よりも遠い場所(以下よりもい)」と「ゆるキャン△」は
途中までかなり人気争いしていましたが終盤の盛り上げでよりもいが
一気に突き放した感じですね。
ポプテピピック(以下ポプテ)はかなり実験的な作品で既存作品と
相対評価が出来ないという意味で評価不能としました。

以下上位から個別の感想

「宇宙よりも遠い場所」
よりもい

 今期一番の出来、というか2018年ベストも狙える作品でした。
脚本・構成・演出・声優の演技がすべて高レベルで非の打ち所がありません。
オリジナル作品は得てして序盤の掴みが弱かったり盛り上げが
遅くて間延びしがちですが本作品は1話からガッツリ掴まれました。
 その後も常に次回が楽しみになる引きでそれが最後まで持続したのは
すごいと思います。
 特筆すべきは女子高生の日常青春ものという枯れたジャンルでありながら
今までにない話を作り上げた事です。しかも南極という舞台に頼らずに
あくまで日常の延長としてそれを貫き通した点が素晴らしい。
(もちろんこの物語において南極であることは重要ですが)
 普通ならもうちょっと派手な事件や事故をいれて盛り上げると思いますが
そういう事は一切なく、日常・常識的な範囲で話は進みます。
 この作品においてアニメ的な「奇跡」は起きません。
すべては必然と少しの偶然で構成されています。それでもここまで
楽しめる作品がまだ作れるんだという驚きがありました。

 そしてなんと言っても12話のラストシーンの演出。あれで
この作品が傑作だと確信しました。あの場面は色々なやり方があったと思いますが
その中であれを選んだというのがすごい。あれは視聴者が理解してくれると「信頼」
してないと出来ないと思います。あそこは小説や映画といった物を含めても
現代的かつ斬新な演出だったと思います。(海外の反応でも高い評価を
されたようです。)
 そこからの13話がまた素晴らしく、1話からの様々な伏線を回収し
爽快感あるラストへと向かうと思いきや最後の最後で主人公と視聴者を
びっくりさせるあの演出w見ている人はまさにキマリ(主人公)と
同じ表情になったと思います。

 女子高生の友情物語という軸は最後までブラさずまた従来のものより
一歩踏み込んでいるこの作品。未見の方は1話からラスト13話まで
鑑賞することを勧めます。




「ゆるキャン△」
ゆるキャン

 この作品はストーリーの点では弱いのですがとにかくキャンプ場の
空気感と言うか情景描写が素晴らしかった。キャンプシーンがあるアニメは
たくさんありますがキャンプに行きたくなるアニメはこれだけでしょう。
 特に素晴らしいのはソロキャンプというものを描いてくれた点ですね。
今までキャンプに興味はあっても一緒に行く人がいない・・・といった
キャンプ新規層を開拓できたと思います。特にバイクでキャンプしてみたい人は
参考になると思いますね。あえてマイナーな冬キャンプを題材にしたのも
上手い。(実際の冬キャンプはどう考えてもユルクないw)
 原作がまだ連載中なので話としては途中で終わる感じですが
上手くまとめたと思います。人によってはよりもいよりもこちらが好き
というのも納得の出来。オススメです。(cv大塚明夫)
 あ、そうそう。この作品は音楽が非常に素晴らしいですね。
あんまり良かったので調べたらけものフレンズの音楽をやった人
ということで納得。




「三ツ星カラーズ」
三ツ星カラーズ

 この作品だけはちょっと遅れて追いかけました。初回の反応が
あまり芳しいものではなかったので見てなかったのですがすごく良かったです。
 作品の舞台は東京の上野で自分は昔けっこう通ってたこともあり
背景からだいたいどこの場所かわかって面白かったですね。
 主人公3人組は従来のテンプレからやや外れた糞ガキっぷりで
一部では反感を買うこともあったようですが自分としてはこれぐらい
がリアルな小学生感あって良かったと思います。
 上野の名所紹介的要素も多いので上野に行く際はぜひこの作品で予習を。
 あとこの作品はOPが素晴らしかったですね。歌・絵共に今期一番
好きでした。




「ダーリンインザフランキス」
ダーリンインザフランキス

 これは2クールなのでまだ途中ですが最近盛り上げてきたので
この順位に。展開次第で来期覇権あるかも?
 ロボットアニメとしてはちょっと癖があるデザインで賛否分かれていますが
自分はこのデザイン結構好きですね。恐らく後半でこのデザインの意味が
もっと明確になっていくんじゃないかと思います。
 序盤はちょっと食いつきが悪かったですが話が進むうちに謎が明らかになり
引き込まれました。



「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
ヴァイオレット・エヴァーガーデン

 これはちょっと見る前にハードル上げて失敗でしたかね。なんか思っってたのと
違う・・・というのが第一印象。全般的に作画は京アニ渾身の出来で
素晴らしいのですが面白いかと聞かれるとうーん・・・
現時点であと1話残っていますがそれで大きく評価が変わることはなさそう。
 基本的に一話完結方式なのでエピソードによってはハマると思います。
個人的には10話が最高で今期一番泣いたかも。あと6話の公開ラブレターとかは
なかなか面白かったです。


 残りの作品では「キリングバイツ」が深夜アニメらしいエロ&バイオレンスで
面白かったです。あとは一長一短という感じですが「メルヘン・メドヘン」の9話
は悪い意味で伝説になると思いましたw

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/04/01 02:40

2018冬アニメ

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて新年となりアニメ新番組ラッシュが始まりましたので
観たものをさらっとご紹介。

「宇宙よりも遠い場所」
宇宙よりも遠い場所

女子高生が南極を目指す話。ある程度リアル感をもたせつつ
それほどシビアにはならないラインを狙ってる感じでしょうか。
キャラクター描写は魅力的で青春群像劇として面白くなりそう。
OP見る限り確実に南極には行きそうなのでそれに関する蘊蓄も
楽しみです。今期イチオシ

「ラーメン大好き小泉さん」
 女子高生がラーメン食べる話。
タイトルそのまんまで小泉さんがラーメン食べ歩くだけ
の話なんですが友人?との掛け合いは面白い。
また本物のラーメン店も劇中で登場するのでラーメン好きな人や
ラーメン番組好きな人は楽しめるかと。


「ゆるキャン△」
ゆるキャン△

 女子高生がキャンプをする話。と書くと大して面白くなさそうですが
これが意外と面白かった。「ゆるふわ日常系+α」という感じですが
キャラクターもしっかり立っているしキャンプ薀蓄は普通に面白い。
最初にソロキャンプを持ってくるところも掴みとして良かったと思います。
キャンプしてみたいけど腰が重いという人にも入門編としてオススメ
週一の癒やし枠。


「スロウスタート」
スロウスタート

 女子高生が何もしない話。直球のゆるふわ日常系と言う感じで
ある意味潔いかも。ゆるキャンと同じくまんがタイムきらら系原作ですが
こちらは正統派って感じでしょうか。


「バジリスク~桜花忍法帖~」
バジリスク ~桜花忍法帖~

 まさかのバジリスク続編・・・前作は大好きだっただけにかなり複雑な心境
ですね。一応ヤングマガジンの連載を読んだりしてますがアニメはそれともまた
若干違うような? 前作を見てないとかそれほど思い入れがない人なら
楽しめるかも?


「ハクメイとミコチ」
ハクメイとミコチ

 だれも知らない小さな国やとんがり帽子のメモル、アリエッティと言った
小人が主人公の作品です。絵柄や雰囲気は良い出来ですが世界観の作りがちょっと
甘い感じでしょうか?一話だとまだ良くわからない部分もあるので
なんとも言えませんがあまりシリアス方面には行きそうもない感じかな。


「学園ベビーシッターズ」
 男子高校生がベビーシッターをする話(そのまんまかい!)
原作は少女漫画ですが男性が観ても楽しめる作品だと思います。
一話の掴みも良くアニメをあまり見ない人にもオススメですね。


「BEATLESS」
BEATLESS

 初見の感想はフレームアームズガール+プラスティックメモリーズ?
キャラデザイン含めて割りとありがちな印象ですが原作は本格SF小説らしいので
展開に期待。

「キリングバイツ」
キリングバイツ

 これは全然マークしてませんでしたが結構面白かったですね。
印象としてはテラフォーマーズ+十二大戦+エアマスターって感じでしょうか。
出だしからエロ+バイオレンス描写で深夜アニメらしい作品。
今期のダークホースかも?

「ポプテピピック」
ポプテピピック

 初回は各方面で話題になりましたが原作がかなり読む人を選ぶ
タイプの作品なのでツボに入れば楽しめるけどそうでなければ・・・・
アニメスタッフがどうやってクソ漫画をアニメ化できるのかを
見るための作品かなw


「ヴァイオレット・エヴァーガーデン
ヴァイオレット・エヴァーガーデン

 今期の大本命。京アニ渾身の一作でしょうか。
作画は劇場レベルに届きそうな程で一見の価値あり。
一話はやや重くてとっつきが悪い印象ではありますが
今後の展開には期待できそうです。


「博多豚骨ラーメンズ」
 タイトルとは裏腹に割りとハードな作品。
フィルム・ノワール系と言うか登場人物みな悪人の群像劇
って感じでしょうか。一話の掴みは意外にも良かったです。
登場人物の相関関係が把握できれば楽しめるかも。
腐女子向けの匂いもしますがそんなに悪くない印象でした。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/13 22:42

2017年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogで恒例の企画に今年も参加いたします。

~2017年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 

今年は割りと豊作だった印象でそれなりに色々な作品を楽しめました。
ではさっそく

・最優秀作品 「けものフレンズ」
けものフレンズ

2017年はやっぱりこれですね。まさか一話切りした作品がここまで評価が
逆転するとは思いませんでした。CGアニメの出来としては決して良くない
いやむしろ稚拙とも言うべき所ですが見ていくうちにそのしょぼいCGすら
愛おしくなっていきました。作品の出来は作画だけではないという事を
証明した功績は大きいと思います。
OPEDやBGMの出来も素晴らしく良い出来でした。
またこの作品のファンが動物園に行くという今までにない
ムーヴメントを起こした点も評価したい。
監督降板の件で絶賛炎上中ですが作品自体の評価に変わりはありません。
今年はぶっちぎりでハマったので次点は無し。
 
・特別賞 「少女終末旅行」
少女終末旅行

アニメーションとしてはそれほど特別ではありませんが独特な世界観が
非常に良かったですね。ゆっくりと終わりへ近づいていく寂寥感が
素晴らしい。キャラクター造形も好みでした。
次点は「リトルウィッチアカデミア」「小林さんちのメイドラゴン」
「宝石の国」「いぬやしき」「サクラクエスト」「Infini-T Force」
などが良かったです。

・男性キャラ部門 「犬屋敷壱郎@いぬやしき」
いぬやしき

自分の観るアニメは男性キャラが少ないので結構困りますが
今年はやはりこの方ですね。近々公開される実写版では
木梨憲武氏が演じられるそうですがさてどうなるか・・・

・女性キャラ部門 「博士と助手@けものフレンズ」
博士と助手

正確にはアフリカオオコノハズク(博士)とワシミミズク(助手)ですね。
けものフレンズのキャラはどれも大好きですが特にこの
二人(二羽?)が良かったですね。カレーを食べるくだりが
面白くて何回も見てしまいました。
次点で
サーバル カバン アライさん コツメカワウソ アルパカ 
トキ アミメキリン(けものフレンズ)
カンナカムイ(小林さんちのメイドラゴン)
鬼瓦輪(武装少女マキャベリズム)
ユーリ(少女終末旅行) 
と言った所が好きでした。

・OP部門 「ようこそジャパリパークへ@けものフレンズ」
ようこそジャパリパークへ

ノリの良いリズムに覚えやすいメロディーと歌詞。
今年一番聞いた曲ですね。絵的にはシリーズ後半のバージョンが
なかなかミステリアスで好きでした。
次点で
「ガヴリールドロップキック@ガヴリールドロップアウト」
「青空のラプソディ@小林さんちのメイドラゴン」
「オリジナル。@亜人ちゃんは語りたい」
「動く、動く@少女終末旅行」
「鏡面の波@宝石の国」
「Shiny Ray@リトルウィッチアカデミア前期」
といった所のOPが印象に残りました。

・ED部門 「More One Night@少女終末旅行」
少女終末旅行

原作者の手描きアニメが圧巻。歌もキャッチーで良かったですね。
次点で
「ぼくのフレンド@けものフレンズ」
「イシュカン・コミュニケーション@小林さんちのメイドラゴン」
「Freesia@サクラクエスト前期」
「ハレルヤ☆エッサイム@ガヴリールドロップアウト」
などのEDが良かったです。

今年は深夜アニメ以外では「僕のヒーローアカデミア」「タイムボカン逆襲の三悪人」
「スナックワールド」がなかなか拾い物でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
アニメ | コメント(1) | トラックバック(4) | 2017/12/29 14:25

2017年 秋アニメ

さて10月スタートのアニメが大体評価が決まってきたので
オススメをご紹介。(二期ものは除く)
今期は前期に比べると格段に良いラインナップですが
その中で自分がオススメしたい作品は以下の3本。
「宝石の国」
「少女終末旅行」
「いぬやしき」
それぞれかなり方向性が違いますので誰が観ても
1本は心に引っかかると思います。

「宝石の国」
宝石の国

登場人物はすべて人の形をした宝石というかなり毛色の変わった作品。
一見女性のような風貌ですが宝石なので性別というものがありません。
唯一、先生と呼ばれる金剛だけが男性的な容姿になっています。
彼らが何者なのかなぜ戦っているのかは現状ではハッキリしませんが
徐々に明らかになっていくようです。
宝石の国

この作品は3DCGアニメでその特性をよく活かしており
特にアクションシーンはTVアニメとしては出色の出来と
なっています。これだけでも見る価値はアリ。
全体的には少女漫画的な雰囲気が強くそういうのが苦手な人には
不向きかもしれませんが世界の謎解きなど見る人を飽きさせない
作りになっております。
謎だらけの世界ですがあまり難解にしすぎていない所も○。


「少女終末旅行」
少女終末旅行

今期最も登場人物が少ない作品。
作中では主人公のチトとユーリ以外の人間はほとんど出てきません。
彼女らが乗っているケッテンクラートは第二次大戦で使われた
実在の兵器であり舞台は一応未来の地球と言うことでしょうか。
「人類は衰退しました」みたいなポストアポカリプスものですね。
少女終末旅行

世界設定的にどう考えてもハッピーエンドはない感じですが
とりあえず彼女らが絶望を感じていないことが救いであり
この作品の魅力と言えるでしょう。
今期の作品の中では世界観やキャラクターデザインが最も
自分の好みですね。
原作未読なので毎週展開を楽しんでいます。


「いぬやしき」
いぬやしき

「老人Z」もしくはシリアスな「サイボーグじいちゃんG」と言った趣き。
原作が「GANTZ」の奥浩哉なので結構グロ系の描写あり。
サイボーグと言うより最早神に等しい能力を手に入れたおじさんの話。
(見た目はどちらかと言えばお爺さんですが高校生の娘がいるのでおじさん
ということで。)
いぬやしき

序盤は手探りで能力を使っていくあたりは昔のTVドラマ「アメリカンヒーロー」
を彷彿とさせます。同じくサイボーグ化された高校生の行動がかなり
胸糞ですが犬屋敷氏が超が付くほどの善人なのでバランスが取れています。
非道い展開でもどうにかしてくれるんじゃないかという安心感のような・・・
おじさんが主人公のアニメはかなり少ないですがこれは面白いですね。

以上3本はリアルタイム視聴するぐらい面白いです。
後はタツノコの「Infini-T Force」がおじさん的には当たりかな。
ガッチャマン・ポリマー・キャシャーン・テッカマンがチームを組んで
戦う話ですが3DCGと合っていてよく出来ています。
年配の方にはオススメ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


アニメ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/11/10 19:38

けものフレンズ最終回「ゆうえんち」感想

けものフレンズ12話

今期見ていたアニメは

小林さんちのメイドラゴン
ガヴリール・ドロップアウト
亜人ちゃんは語りたい
リトルウィッチアカデミア
AKIBA’S TRIP
けものフレンズ

と言った感じですが中でも最も話題作だった
けものフレンズが最終回を迎えましたので今回は特別にちょっと
感想を書きたいと思います。

この作品は第一話放送時にはかなり評判が悪くて
かく言う自分も開始10分で切ったぐらいでした。
理由は大きく二点で

・CGアニメでなおかつクオリティが低い

・深夜アニメと思えないような子供向けストーリー

という意見が大勢で自分もそのように感じました。
が、3話放送を過ぎたあたりからネット上のあちこちから
「すごーい!」「たのしー!」と言った劇中台詞が見られるようになり
また内容についてもかなり面白くなってきたという声が聞かれ
これはちょっと波が来てる感じがして5話から視聴を再開しました。
その時の感想は

あ、これ悪くないな。

と言った所でまだそこまで盛り上がる理由がわかりませんでした。
元々子供向け作品も良く見ていたのでそういうのは苦手ではないし
女の子萌えじゃなくて動物萌えモノとして作ってあるのが好感が持てるなと。
まぁしばらく見てみるかと翌週6話を見たら・・・
ラストの台詞でガツンとやられました。
あっ、そういう世界観だったの!?って感じでちょっと驚きましたね。
慌てて1~4話を動画サイトなどで観たら・・・

なるほど!これは面白いよ!!

となってハマった次第。
それ以降は毎週楽しんで観ることが出来ました。
と、前置きが長くなりましたが最終話の感想を。
一言で言うなら

素晴らしい最終回でした。

1話から積み重ねた伏線を回収しつつあくまでもほのぼのの
範囲内に収めているのが良かったと思います。
ネタバレになるのであまり詳しくは書きませんが
「うしおととら」のラストに近いものがありました。
ていうか実際あの流れをリスペクトしてるような気がしますね。
その証拠ってわけでもありませんがこれ
6話の1シーン
けものフレンズ6話

ハシビロコウさんが持ってるのはどう見ても・・・
もちろんあれほど大規模な話ではありませんが
物語としての大筋は近い気がしました。
11話のラストが衝撃的すぎてどうまとめるかすごく心配でしたが
杞憂でしたね。きちんと説得力をもたせた上で大団円に持っていったのは
すごく良かったと思います。
またラストの二段落ちもすごくいい。久しぶりにツボにはまった
作品になりました。
謎自体は全て明かされたわけでなくまた最終話で更に張られた伏線も
ありますので二期もしくは劇場版が作られる可能性が高いんじゃないですかね。
(ラストカットで画像を加工すると見える「つづく」の文字が・・・)
一応公式で放送終了後の展開があることはアナウンスされているので
楽しみです。

この作品は基本的に伏線もその回収もあまり説明がなくサラッと
入れてくるのでボーッと見てるとただの癒やしアニメですが
(それ目当てで見てもまったく問題ないですけど)それらに
気づくとガッツリハマると思いますので未見の方はとりあえず
4話まで観ることをオススメします。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/30 01:10
 | HOME | Next »