スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ゲーム「アッタコレダ」レビュー

「大地の汽笛」も2周してあらかたやりつくしたので手頃なゲームを探していた所、
ニンテンドーDSiウェアの存在を知った。
DSiウェアはネット接続でゲームをダウンロードして本体内のメモリーに
保存できるシステムだ。支払いはクレカもしくはプリペイドカードを使用する。
代金も200~800円と非常にお手頃。しかもDSiでショップに接続すると1000ポイント
無料サービス中という事で早速試してみた。
しかしうちには無線LANが無いので近所のフリースポットを利用して何本か落としてみた。

その中の1本、巷で話題の「アッタコレダ」をプレイしてみた。

立体かくし絵 アッタコレダ

このゲームは3Dポリゴンで作られた空間に隠された文字や絵を探すという単純なもので
いわゆる「トリックアート」を利用したゲームだ。
このゲームの画期的なところは手で操作せず、覗き込んだ方向に内部空間が
リアルタイムで変化する所だ。しかもその動きはかなりスムーズである。
仕組みとしては内蔵のカメラでプレイヤーの顔位置を認識して
その向きによって立体空間を動かすというものだ。
プレイヤーはあたかもモニター内にある箱庭を覗き込むような錯覚を感じられる。
まさしくありそうでなかったアイデア。この手があったか!という感じだ。
期待しつつ早速プレイしてみると・・・


ん・・・思ったよりうまく動かない。カメラによる顔認識の精度が低いので
なかなか見た方向に動いてくれないのだ。ここらへんはプレイヤーが
試行錯誤してベストなロケーションでプレイするしかない。ポイントとしては
なるべく肌色から遠い色合いの壁を背にしてプレイするのが良いらしい。
ある程度動かし方のコツを掴むと楽しめる。
文字や絵を発見した時の快感度はかなり高く満足のいくものである。
全体のボリュームは正直なところ物足りない。値段と容量を考えれば
妥当とも言えるがこの手のゲームは一度見つけたらオシマイなので
もうちょっとステージ数や隠し要素が欲しかった。
大体2~3時間ぐらいでクリアできるんじゃないかな。
どうしてもわからない人の為にヒントもあるがこのヒントがかなり親切すぎて
読むとすぐ見つけてしまうので出来れば読ますに進めた方が楽しめると思います。

非常に面白いシステムなのでできれば続編を期待したいところです。
またこれを利用したパズルやシミュレーション、観察ゲームなどが
出てくれる事を期待したい。
DSi持ってる人にはぜひオススメします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/03/09 02:29

ゲーム『ゼルダの伝説 大地の汽笛』レビュー

ゼルダ
先月末に秋葉に行った時に「ゼルダの伝説 大地の汽笛」がソフマップで
新品2480円の投げ売り状態だったので買ってみた。
ちなみに現在は1980円らしい。この手のゲームは早めにクリアして売る人がいるので
値崩れが激しいですね。マリオカートとか高いままなのに・・・
一応クリアしたので簡単にレビュー。

ゼルダの伝説はムジュラの仮面以来です。
風のタクトとかは結局ハードが買えなくてやらずじまい。
しばらくぶりのゲームプレイですが・・・
久しぶりにやったゼルダはやっぱり面白かったです。
このゲームはすべてタッチペン操作なので若干不安はありましたが
操作にはすぐに慣れて不満はありませんでした。
ただタッチペンの特性上、精密な動きや戦闘には向いておらず
やや大味な操作感であったことも否めません。
また画面が小さいのでペンを持つ手に画面が隠れてしまって
敵を見失う場面もちらほらありました。
ペン入力の反応自体は良好なんですが。
ペン入力で一番気持ちよかったのはムチレースですね。
これはボタン操作とは違った爽快感があります。
あと汽車の操作などもたぶんボタンの方が「楽」なんでしょうが
ペンを使った方がなんとなく「楽しい」ですね。
しかしやはり画面が小さいのでこれをやっているとDSiLLが欲しくなってきますねえ。
ゲーム全体のボリュームは満足できるものでした。
さすがにムジュラや時のオカリナと比較するとこじんまりした印象ですが
昔のゲームボーイ版に比べればかなりやり応えがあり、
また謎解きに関しては時のオカリナより歯ごたえを感じました。
ただハードの制限からムービーがいまひとつトロいというか
盛り上がりに欠けますので終わってすぐに2周目突入・・・
って感じにはならなかったですね。
ゼルダシリーズとしての出来は十分ですが熱中するほどの
新しい要素はなかったなと。
今回は汽車で移動するのがひとつの売りですが
これがねぇ・・・後半になってくると移動時間がかなり
めんどくさい感じになっちゃうんですよね。
旧作の馬移動とかは全然苦じゃなかったんですけど。
終盤、やり残したイベント消化の為に移動するのが結構しんどい。
鉄道ファンとか鉄道模型を何時間でも眺めていられる方なら
楽しいんじゃないかと思いますが・・・
いろいろなデザインの汽車に乗り換えられるのはいいですが
それらの性能差が無いのでいまひとつコンプリートする気にならない
というのもちょっともったいないですねえ。
ものすごく速い汽車とか破壊力があるとかそういう個性があった方が
面白かったんじゃないかと思います。

今回はリンクと共にゼルダ姫が冒険する話ですが
これは非常に良かった。ゼルダ姫のイメージが崩れ大きく変わりましたw
もうゼルダ姫が主役なんじゃないかというぐらいキャラが濃いです。

ゼルダシリーズと言えば鉄板タイトルですが
今作も手堅く誰もが楽しめる仕上がりになっています。
買って損なし、の一本でした。

評価:★★★★


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/02/16 22:49
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。