FC2ブログ

最近見た映画感想まとめ

ちょっと映画感想をさぼっていたのでまとめて軽くレビューを。
(既に最近のではないのもありますがご勘弁を)

「トイ・ストーリー4」
3があまりに綺麗に終わりすぎたために批判的な意見が多いですが
自分は結構良かったと思いました。
今回のテーマは「壊したり捨てたりせずにいつの間にか失くしていた
おもちゃはどうなるの?」という感じでしょうか。
自分はそのテーマに惹かれる部分があったのでその回答には満足しました。
また1で見られたホラー的演出が今回は多くてそこも良かったです。
(子供が見たらちょっとトラウマになりそうなレベルw)
3超えはないけど十分楽しめておすすめできます。

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
こちらもまた批判続出作品ではありますが
あのラストを見たらもう何も言えません!
1から見続けたファンならばあのラストは見届けておくべきかと。
今回のエピソードで血統との決別を果たすわけですが
ある意味「グラン・トリノ」的な意味合いもあるのかもしれません。
これを契機にポストスターウォーズ的な作品が新たに
生まれてくればいいなと思いました。

劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明-
今年最初に見たのがこれです。
一言で言えば
とにかくキツかった。
さすがR15と言うべきか映像的にも精神的にも
追い込まれます。
これは深夜アニメとして放送された「メイドインアビス」の続編ですが
あれより更にキツイと言えば観た人にはわかるでしょうか。
まぁだからこそアニメファンなら見るべきというか
とにかく見てくれ!としか。
もちろんTV版全13話を観てからがおすすめですが
前作の劇場版(TV版総集編)でもOKです。
なんというか「人として思いついちゃいけないレベル」
の作品でしたね・・・鬱になれる覚悟がある人なら超おすすめの一本です。
あと原作がまだ続いていて側扁も制作決定というので楽しみです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/02/14 03:09

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』感想

ガルパン最終章

「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

監督 水島努
脚本 吉田玲子
キャラクター原案 島田フミカネ
キャラクターデザイン 杉本功
総作画監督 杉本功

さてようやくガールズ&パンツァー最終章2話が公開されましたので
ららぽーと船橋TOHOで観てきました。
1話から一年以上待たされましたが結果としては
大満足の出来でした。
今回はかなり試合のシーンがメインでTV版はもちろん、劇場版をも
超える濃密な戦闘描写に驚かされます。
音響も相変わらず凝りまくっていますのでこれはもう
さっさと劇場へ行くことをオススメしますw

↓以下ネタバレ感想













今回はBC自由学園との試合決着とインターバル
及び二回戦の中盤までの話となっています。
BC自由学園との決着はやや相手の自滅に近い勝ち方
ですがそれもまた戦車道らしくて良し。
二回戦(ベスト8)進出した高校は
聖グロ 黒森峰 プラウダ サンダース
大洗女子 継続 アンツィオ 知波単
となっておりこれは劇場版のメンバーで新規は無しですね。
まぁ劇場版の戦いっぷりを見れば妥当な結果でしょうか。
そして大洗女子の二回戦の相手は我が知波単学園!(当方千葉県民)
なのでとにかく熱い!劇場版では終始ギャグ的な扱いだった
知波単ですが今回の戦いは一味違います。
へっぽこチームが覚醒して強敵となるのは少年漫画の王道
そりゃアガるってもんです。
全体の流れで主人公チーム(大洗)が勝つのは確実ですが
それがわかっていても暑くなるのは演出が素晴らしいからでしょうか。
とにかく早く3話が見たい!と思わせる引きで2話は終了。
できれば今度は1年以内にお願いしたいところです。

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話|映画情報のぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/18 04:53

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』感想

響けユーフォニアム

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」

監督 石原立也
原作 武田綾乃
脚本 花田十輝
キャラクターデザイン 池田晶子
美術監督 篠原睦雄

実はこの映画公開初日(4/19)に見てきたにも関わらず記事を上げるのが
遅れてしまいました・・・色々と忙しかったので申し訳ない。
というわけでサクッと感想を。

と、その前にこの作品の概要を簡単に申し上げますと
前作の久美子1年生編はTVシリーズ2クール+映画2本となっておりますが
今作の2年生編は映画2本の構成となっております。
前に見た「リズと青い鳥」がその1本でこれは原作から
希美とみぞれのエピソードを抽出したものになっており、
今回の誓いのフィナーレは久美子をメインとした残りの
エピソードとなっております。

まぁ結論から言ってしまいますと自分が原作を先に読んでしまったのが
最大のミスというところでしょうか・・・
とにかく原作既読者からすると圧倒的に尺が足りない。
原作は新一年生を軸とした群像劇になっていますが
さすがにリズと青い鳥成分を抜いても映画一本では
収まりきらないものでした。結果としてかなり原作エピソードの
カットが行われておりそれが非常に残念でしたね。
原作を読んでいなければむしろ大満足だったかと思うと
ちょっと失敗だったかなと。
具体的に言えば加部ちゃん先輩のエピとか削られたり
小日向夢などは完全にカットされるといった感じでもったいないなぁと。
なんでTVシリーズでやってくれなかったのかと言う気持ちが強くて
そのために大絶賛に至らなかったのは本当に残念。
もちろん映像や音楽は非常に素晴らしく劇場で鑑賞する
価値はありましたしその点では非常に良かったのですが・・・
あと個人的にはオーディションのエピソードで
奏が夏紀に引きずり出されるシーンは見たかったかなとw
もちろんアニメでやったらコミカルになりすぎるかなと
思うシーンではありますが原作ではかなり印象的なシーンだったので
もし原作を読んでいない人は読むことをオススメいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/14 19:49

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』感想

スパイダーバース

「スパイダーマン:スパイダーバース」原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse

監督 ボブ・ペルシケッティ
  ピーター・ラムジー
  ロドニー・ロスマン
製作 アビ・アラド
  フィル・ロード

記事を書くのが大分遅れましたが「スパイダーマン:スパイダーバース」
を公開初日に観てきました。
スパイダーマン自体にはそれほど思い入れもなく予告をチラッと見ただけでしたが・・・

控えめに言っても最高でした。
自分はスパイダーマンに関してはアニメ・キャラは子供の頃から知っていましたが
それほど思い入れはありませんでした。(能力的にそれほど魅力を感じなかった?)
映画も面白いのは面白いのだけれど絶賛するほどでは・・・という感じ。
しかし今回の作品は違いました。
まず映像的には従来のディズニーピクサーやドリームワークスのようなCGアニメから
もう一歩踏み込んだ表現になっています。輪郭線を強調し漫画的表現を融合させた
新しいものになっています。これは見ているだけでも楽しく、またこれからの
CGアニメの新しい方向性を示したと言えるでしょう。
ストーリー的にはファンムービー的と言えますがファンでもない自分がこれほど
楽しめたわけですからファンなら必見という感じでしょうか。
本編よりもテンポよくコミカルな印象が強いです。
キャラで特に良かったのはおっさんのピーター・B・パーカーで
彼が登場してからの展開が非常に良いですね。
あと日本のアニメキャラリスペクトのペニー・パーカーもすごく良い。
外人から見た日本アニメキャラを非常に上手く表現しています。
(最初見たときはえぇ・・・って感じですがw)
中盤から登場のノアール・ペニー・ハムの3人はもっと描写を増やしてほしかったかな。
今回はキャラがかなり多いので仕方ないとは言えそこだけが不満でしょうか。
とりあえず新しい形のアニメとしてファンでなくともオススメの一本です。
今回は特に映像が素晴らしいので劇場で鑑賞すべきですね。

スパイダーマン:スパイダーバース|映画情報のぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/03/30 15:35

映画『シュガー・ラッシュ オンライン』感想

シュガー・ラッシュオンライン

「シュガー・ラッシュ オンライン」原題:Ralph Breaks the Internet

監督 リッチ・ムーア
フィル・ジョンストン
製作 クラーク・スペンサー
製作総指揮 ジョン・ラセター
ジェニファー・リー

少し感想を書くのが遅れましたがシュガー・ラッシュ続編の
シュガー・ラッシュオンラインを公開初日に観てきました。
今作の感想を見ると賛否両論といった感じですが個人的には
かなり楽しめました。
今回はゲームメインと言うよりはネット世界の描写メインという感じですが
ネットの視覚的表現が素晴らしく唸らされました。
ネットの表現といえばサマーウォーズでのOZの世界とかが印象的ですが
あれよりも分かりやすくインパクトのある表現になっていて驚かされました。
また今作はファンサービス的なネタが多く特にディズニー関連のセルフパロは秀逸。
予告編にもあるディズニープリンセス勢揃いとか思わず吹き出してしまいます。
特にピクサーのメリダがしれっと混じっているとこがwww
(作中でも「あの娘はちょっと出身が違う」と追い打ちかけられてて笑いましたw)
他にもチラチラとピクサー作品のキャラが出ているとこが堪りません。
ウォーリーのEVEが他作品で出てきたのは初めてじゃないかな?
あとズートピアのニックがちらっと出てきたのもファンとしては嬉しいところ。

ストーリーとしては前作と比べるとやや小ぢんまりしている印象はありますが
ラルフとヴァネロペの関係を恋人ではなく友人もしくは父娘に近い感じに
描写していたのは上手いと思いました。
映像的にはもはや完成していて驚くべき部分は少ないですが
もうフルCG映画はそういう部分では勝負してないって感じでしょうか。
あとラストのとこのオチ?がちょっとホラーなあたり製作者の意地の悪さが出ていて
好きですw(更にエンドロール後のおまけもいい感じ)
前作が好きな人は当然見に行くとしてディズニー&Dピクサーファンにもオススメします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
シュガー・ラッシュ:オンライン|映画情報のぴあ映画生活



映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/12/29 03:14
 | HOME | Next »