K10STAT備忘録

SSDに入れ替えたWin7機ですがなんとなくK10STATは使わずに
マザー付属のEPUを使っていました。
こちらのソフトでもアイドル時はそこそこ電圧も下がるしこれでいいかと・・・
しかしどうも挙動がトロいというかクロックの変動タイミングが遅いように
感じたのでやっぱりK10STATを使うことにしました。
Win7・8などで使う場合、タスクスケジューラの設定をしないといけないので
ちょっとだけめんどくさい。
また入れなおす事もあるかもしれないので設定を忘れないように
載せておきます。
クロックと電圧設定はこんな感じ
k10stat_1.jpg

タスクの設定
k10stat_2_20150614085308fb6.jpg

k10stat_3.jpg

k10stat_4.jpg

k10stat_5.jpg

k10stat_6.jpg

因数の設定は
-nowindow -StayOnTray -loadprofile:1 -ClkCtrl:2

ワンポイント
・「タスクを停止するまでの時間」のチェックは外しておくこと。

改めて使ってみるとやはり動作が速いのが良いですね。
特にアイドル状態では1GHzに設定してるのでサクサク感があります。
(デフォルトでは800MHz)

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
自作PC | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/06/14 09:06
コメント
紹介
言霊百神 http://futomani.jp/

おほもと http://www.oomoto.or.jp/

管理者のみに表示