2017年 秋アニメ

さて10月スタートのアニメが大体評価が決まってきたので
オススメをご紹介。(二期ものは除く)
今期は前期に比べると格段に良いラインナップですが
その中で自分がオススメしたい作品は以下の3本。
「宝石の国」
「少女終末旅行」
「いぬやしき」
それぞれかなり方向性が違いますので誰が観ても
1本は心に引っかかると思います。

「宝石の国」
宝石の国

登場人物はすべて人の形をした宝石というかなり毛色の変わった作品。
一見女性のような風貌ですが宝石なので性別というものがありません。
唯一、先生と呼ばれる金剛だけが男性的な容姿になっています。
彼らが何者なのかなぜ戦っているのかは現状ではハッキリしませんが
徐々に明らかになっていくようです。
宝石の国

この作品は3DCGアニメでその特性をよく活かしており
特にアクションシーンはTVアニメとしては出色の出来と
なっています。これだけでも見る価値はアリ。
全体的には少女漫画的な雰囲気が強くそういうのが苦手な人には
不向きかもしれませんが世界の謎解きなど見る人を飽きさせない
作りになっております。
謎だらけの世界ですがあまり難解にしすぎていない所も○。


「少女終末旅行」
少女終末旅行

今期最も登場人物が少ない作品。
作中では主人公のチトとユーリ以外の人間はほとんど出てきません。
彼女らが乗っているケッテンクラートは第二次大戦で使われた
実在の兵器であり舞台は一応未来の地球と言うことでしょうか。
「人類は衰退しました」みたいなポストアポカリプスものですね。
少女終末旅行

世界設定的にどう考えてもハッピーエンドはない感じですが
とりあえず彼女らが絶望を感じていないことが救いであり
この作品の魅力と言えるでしょう。
今期の作品の中では世界観やキャラクターデザインが最も
自分の好みですね。
原作未読なので毎週展開を楽しんでいます。


「いぬやしき」
いぬやしき

「老人Z」もしくはシリアスな「サイボーグじいちゃんG」と言った趣き。
原作が「GANTZ」の奥浩哉なので結構グロ系の描写あり。
サイボーグと言うより最早神に等しい能力を手に入れたおじさんの話。
(見た目はどちらかと言えばお爺さんですが高校生の娘がいるのでおじさん
ということで。)
いぬやしき

序盤は手探りで能力を使っていくあたりは昔のTVドラマ「アメリカンヒーロー」
を彷彿とさせます。同じくサイボーグ化された高校生の行動がかなり
胸糞ですが犬屋敷氏が超が付くほどの善人なのでバランスが取れています。
非道い展開でもどうにかしてくれるんじゃないかという安心感のような・・・
おじさんが主人公のアニメはかなり少ないですがこれは面白いですね。

以上3本はリアルタイム視聴するぐらい面白いです。
後はタツノコの「Infini-T Force」がおじさん的には当たりかな。
ガッチャマン・ポリマー・キャシャーン・テッカマンがチームを組んで
戦う話ですが3DCGと合っていてよく出来ています。
年配の方にはオススメ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/11/10 19:38

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』感想

劇場版響け!ユーフォニアム

「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」

総監督 石原立也
監督 小川太一
原作 武田綾乃
脚本 花田十輝
キャラクターデザイン 池田晶子

9/30に劇場版 響け!ユーフォニアムの第二弾が公開されたので
10/1(サービスデイ)に観てきました。
近場ではやっていなかったので足を伸ばして京成ローザで鑑賞。

この映画はTVシリーズ「響け!ユーフォニアム2」の総集編という形ですが
鎧塚みぞれ・麗奈と滝先生関連のエピソードをばっさりカットして
あすか先輩と久美子の物語に絞っています。その分新規カットで
TVシリーズで描かれなかった部分が補完されており、基本的には
TVシリーズを全部観た人がより楽しめるような作りとなっています。
こう書くと若干敷居が高く感じるかもしれませんがコンクールの2曲及び
駅ビルコンサートの宝島の演奏をフルで劇場の音響で聞くまたとない機会ですので
それだけでも観に行く価値は高いです。未見の人は劇場版を観た後に
TVシリーズを観るのもアリかと。

自分はTVシリーズのファンでしたのでこの映画は大満足でしたね。
京アニらしいクオリティの高い作画と演出で部活動を題材としたアニメでは
トップクラスの出来だと思います。
今日は日曜ということもあって女の子が数人連れでチラホラ来ていました。
(吹奏楽部かな?)千葉は結構吹奏楽の強豪がいますのでもっと来ても
良いんじゃないかと思いましたが今の時期は練習で忙しそうですね。

TV版からカットされた鎧塚みぞれのエピソードは新たにアニメ化されるという話も
聞きますし原作も続編が出たのでまだまだ続くかもしれません。
音楽に興味がある人にもない人にもオススメできるアニメですので
この機会にぜひご覧ください。

映画の開始前にフォトセッションという企画があり
これは映画のスクリーンを携帯やスマホで撮影できるという
珍しいものでした。
こんな感じ
劇場版響け!ユーフォニアム
中央付近に座ってないとツライ・・・
このフォトセッションはマナー動画にもなっており、携帯の切り忘れにも
有効かと思います。ちなみに週替りなので今回は一年生組、来週は2年生組らしいです。

入場特典のコースター
劇場版響け!ユーフォニアム
今回はやや出番が少ない二人・・・

響け!ユーフォニアム第2楽章前編
響け!ユーフォニアム第2楽章
後で感想書くかも。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~|映画情報のぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/10/01 23:36

千葉市動物公園

9/24にちょっと千葉市動物公園に行ってきました。
けものフレンズとのコラボ企画があったのとニコ生でハシビロコウの54時間生放送
があったので見てるうちに生で見たくなったので。
天気は生憎でしたが久しぶりに動物園を堪能できました。
千葉市動物公園

千葉市動物公園

千葉市動物公園

千葉市動物公園

千葉市動物公園

こんな感じでフレンズの看板がいくつか配置してあります。
千葉市動物公園
自分はやりませんでしたがクイズラリーで全問正解すると記念品が貰えます。

千葉市動物公園
けものフレンズの声優さんが来て収録していたので人だかりが。
声優さんは撮影禁止ということで撮れませんでしたが・・・
今回は
アライグマ(小野早稀)
フェネック(本宮佳奈)
フルル(築田行子)
ハシビロコウ(小森未彩)
さんの4人が来ていました。

千葉市動物公園
看板にサインが残されていました。

千葉市動物公園

千葉市動物公園

千葉市動物公園
天気が悪かったので写真がいまいちなのが残念。
また天気が良い日に行きたいですね。

雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/29 01:20

今日のアキバ

今日は台風接近であいにくの天気ですが昼頃に秋葉原へ。
秋葉原

9月19日が「ツクモの日」ということで特価品の電源が目当て。
先日死んだEA650wの代わりにAcBelの550wを使っていましたが
交換後2回ほどスリープ復帰でコケたのでちょっと気になりまして。

今回購入したもの
今日買ったもの
TR2 Gold 600w 5980円(税別) ツクモ本店
5chファンコン 1200円(税別) ツクモex
カードリーダー 603円(税別) ツクモ本店Ⅱ

帰ってからさっそくテスト
TR2

TR2

TR2

組み込んでOCCTテスト
TR2 5V

TRⅡ12V

消費電力はAcBel 550w(80+無し)との比較になりますが
AcBel 550w
 アイドル 79w
 ロード  225w
TR2 80+Gold
 アイドル 69w
 ロード  208w
となり80+Goldとの差がはっきりと出ましたね。
これで電気代が下がると助かるのですがw

TR2で気になった点は
・電源コードが若干短め
・+12vケーブルが若干短め
というとこですね。特に12vケーブルは裏配線だとあまり余裕が無いかもしれません。
自分は裏配線ではないので問題ないですが・・・
コイル鳴きやファンの異音などは特にありませんでした。
電源は何年か使ってみないと評価が下せないのが悩ましいですね。

おまけ
AcBel 550wを開封してみました。
AcBel 550w

AcBel 550w
2009年に2980円で買った電源ですが問題なく使えてますね。
2次側のコンデンサはTEAPOですが一次側が日本製の105℃だったのは
ちょっと驚きました。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村





自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/17 20:01

映画『エイリアン・コヴェナント』感想

エイリアン・コヴェナント

「エイリアン・コヴェナント」 原題:Alien: Covenant

監督 リドリー・スコット
製作 リドリー・スコット
  マーク・ハッファム
  マイケル・シェイファー
  デビッド・ガイラー

最近なかなか映画に行けなかったのでエイリアン・コヴェナントを
初日に観てきました。
今作は「プロメテウス」の続編となるお話ですが今作を見る限りは
旧4部作との繋がりは???って感じですのでその辺を期待すると
スカされるかもしれません。
さて観終わった感想は・・・

エイリアン映画としては結構よく出来てて面白いけど
かなり後味が悪い映画


ってとこですね。
旧作は最後はなんとか人類が勝つ展開ですが今回は・・・
あと説明不足(伏線?)が結構多くてモヤッとしました。
エイリアン自体の怪物性とかホラー感はよく出来ていて楽しめましたので
エイリアンファンなら観て損はないと思います。
ただ個人的には映画は観た後にスカッとしたいタイプなので
ちょっと大好きとは言いにくい感じでしょうか。
直接的なグロ描写はR15+だけあって過去最高ですかね。
(R15+はおっぱいが出てるせいという説も・・・)

見慣れたあの形態のエイリアンは後半になって出てきますが
個人的には前半で出てきたのっぺらぼうみたいな形態が気持ち悪くて
好きですね。旧一作の初期設定っぽい「悪夢をそのまま形にしたような」
感じが良い。
そう言えば一作目は小説版も読みましたが当時は映画と結構エイリアンの
形態描写が違うなぁと思いましたが(例えばフェイスハガーがまるで人間の手
のようとか第二形態が首を切って切り口に牙が生えた七面鳥のようとか)
後年ギーガーの画集を見た時に載ってたエイリアンの初稿がまさに
小説版のようなデザインだったのを思い出しました。
今回はそれに近い気味悪さがよく出ていて良かったです。

今作も前作プロメテウスと同様に賛否がかなり別れて(どちらかといえば
不評?)いますが自分は結構楽しめたのでオススメします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
エイリアン:コヴェナント|映画情報のぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/16 01:15
 | HOME | Next »