FC2ブログ

docomo arrows Be3 F-02L

先日の台風15号が来た夜、土砂降りの中をバイクで帰宅したら
鞄の中に入れていた携帯まで浸水・・・バッテリー収納部内まで水が
入っていました。当然ながら電源も入らずしばらくバッテリー抜いて
乾かしていたがなんともならんのでドコモショップに来店予約を入れる。
が、予約当日にやっと携帯が復活して電源が入るようになったが
あまり調子も良くないのでこの際だからとスマホに機種変することにした。
機種は色々悩んだが値段が比較的安いものから
arrows Be3 F-02Lを選択。
「割れにくい」「丈夫」といった売り文句がおっさん狙い撃ちといった感じ。
(逆に言えば性能的に売りがないとも言えるが・・・)
とりあえず初スマホなのでスタンダードなものを選びました。
arrows Be3

arrows Be3
このスマホかなり滑りやすい感じなので滑り止め&傷防止のクリアケースも購入。
ケースはこちら
【 arrows Be3 ケース ~ 薄くて軽い】 アローズ Be3 F-02L ケース カバー スマホの美しさを魅せる 巧みシリーズ 存在感ゼロ【 保護フィルム 付き】OVER's (貼り付け2点セット付き)
OVER’s「お、いいじゃん。」( 心温まる「おもてなし」をお届け )

このケースはなかなか良かったです。

スマホに関しては初めてなので比較レビューはできませんが
使いやすいんじゃないでしょうか。操作に慣れてきたら色々不満も出るかもですが・・・

とりあえずカメラ性能をコンデジ(canon s95)と比較してみました。
日中(やや夕方)
Be3
Be3
S95
s95
等倍比較(左がスマホ)
等倍比較
植栽部分が若干塗り絵ですが驚くほどノイズは抑えられています。
色味もよくこのサイズのレンズとは思えません。
そりゃあ安いコンデジは売れなくなりますよね・・・><

屋内(駅構内)
Be3

s95
等倍比較
等倍比較
条件が良くない室内さえほとんど差はありませんね。

夜景
Be3

s95
等倍比較
等倍比較
さすがに夜景は若干モヤりますが等倍で見なければわからないレベル。
EXifを見るとレンズが明るい(1.9)のがかなり効いているようです。(S95は2.0)
あと手ブレ防止もかなり良い。
これでもスマホの中では並のカメラ性能だって言うんだから驚きですね。
ちょっとアスペクト比が横長すぎるのが絵として残念ですがかなり使えそうです。
カメラはそろそろ上位機種が欲しくなりますね・・・
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




スポンサーサイト



スマホ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/09/21 05:38

Araiヘルメット SZ-G

久しぶりにヘルメットを買い替えました。
なんと20年ぶり・・・致命的な壊れ方をしなかったのと
原付きで使用していたのでまぁいいかとついつい使い続けてしまいました。
まぁAraiのメットは高くてなかなか買えないってのもありますが。
今回はフルフェイスも候補でしたがさすがに今の時期に被る気にもならず
結局前と同じメットの後継モデルにしました。(前のメットはSZ-m)
SZ-G
左がSZ-m 右がSZ-G
またホワイトですが前と違ってメタリックみたいな塗装になっています。
外見的にはエアインテーク形状・サイドリブなどが変わっています。
またスーパーアドシス(シールド交換システム)も改良されています。
前のメットはもう内装が完全にヘタりきっててスカスカでしたが
新品はみっちりフィットで被れば首を振ってもまったく動きません。
久しぶりの装着感に「あ~これこれ」って感じでした。
OGKのカブトとかも候補だったのですが(安い)
今回はAmazonで購入したのでサイズに不安がありました。
Araiは昔から愛用してるので59-60ならぴったりだとわかっていましたから
購入に不安はありませんでした。
まだ新品でキツイのでメガネを掛けたまま脱着は難しいですが
少しヘタってきたらできるようになるでしょう。
今回一つだけ残念なのは内装がシステムから固定になったことでしょうか。
システム内装は内装がすべて脱着できるので洗うのが簡単でした。
(ちなみに高額モデルはシステム内装なのでコストダウンのためでしょうね)
とはいえ頬パッドは前と同じく取り外しできますので問題はないでしょう。

今回注文したのが8/21で到着したのが8/28と少し時間がかかりましたが
製造年月日を確認したら19/8/17とまさに出来たてホヤホヤでした。
今度はフルフェイスがほしいなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
バイク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/08/30 19:05

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』感想

ガルパン最終章

「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

監督 水島努
脚本 吉田玲子
キャラクター原案 島田フミカネ
キャラクターデザイン 杉本功
総作画監督 杉本功

さてようやくガールズ&パンツァー最終章2話が公開されましたので
ららぽーと船橋TOHOで観てきました。
1話から一年以上待たされましたが結果としては
大満足の出来でした。
今回はかなり試合のシーンがメインでTV版はもちろん、劇場版をも
超える濃密な戦闘描写に驚かされます。
音響も相変わらず凝りまくっていますのでこれはもう
さっさと劇場へ行くことをオススメしますw

↓以下ネタバレ感想













今回はBC自由学園との試合決着とインターバル
及び二回戦の中盤までの話となっています。
BC自由学園との決着はやや相手の自滅に近い勝ち方
ですがそれもまた戦車道らしくて良し。
二回戦(ベスト8)進出した高校は
聖グロ 黒森峰 プラウダ サンダース
大洗女子 継続 アンツィオ 知波単
となっておりこれは劇場版のメンバーで新規は無しですね。
まぁ劇場版の戦いっぷりを見れば妥当な結果でしょうか。
そして大洗女子の二回戦の相手は我が知波単学園!(当方千葉県民)
なのでとにかく熱い!劇場版では終始ギャグ的な扱いだった
知波単ですが今回の戦いは一味違います。
へっぽこチームが覚醒して強敵となるのは少年漫画の王道
そりゃアガるってもんです。
全体の流れで主人公チーム(大洗)が勝つのは確実ですが
それがわかっていても暑くなるのは演出が素晴らしいからでしょうか。
とにかく早く3話が見たい!と思わせる引きで2話は終了。
できれば今度は1年以内にお願いしたいところです。

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話|映画情報のぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/18 04:53

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』感想

響けユーフォニアム

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」

監督 石原立也
原作 武田綾乃
脚本 花田十輝
キャラクターデザイン 池田晶子
美術監督 篠原睦雄

実はこの映画公開初日(4/19)に見てきたにも関わらず記事を上げるのが
遅れてしまいました・・・色々と忙しかったので申し訳ない。
というわけでサクッと感想を。

と、その前にこの作品の概要を簡単に申し上げますと
前作の久美子1年生編はTVシリーズ2クール+映画2本となっておりますが
今作の2年生編は映画2本の構成となっております。
前に見た「リズと青い鳥」がその1本でこれは原作から
希美とみぞれのエピソードを抽出したものになっており、
今回の誓いのフィナーレは久美子をメインとした残りの
エピソードとなっております。

まぁ結論から言ってしまいますと自分が原作を先に読んでしまったのが
最大のミスというところでしょうか・・・
とにかく原作既読者からすると圧倒的に尺が足りない。
原作は新一年生を軸とした群像劇になっていますが
さすがにリズと青い鳥成分を抜いても映画一本では
収まりきらないものでした。結果としてかなり原作エピソードの
カットが行われておりそれが非常に残念でしたね。
原作を読んでいなければむしろ大満足だったかと思うと
ちょっと失敗だったかなと。
具体的に言えば加部ちゃん先輩のエピとか削られたり
小日向夢などは完全にカットされるといった感じでもったいないなぁと。
なんでTVシリーズでやってくれなかったのかと言う気持ちが強くて
そのために大絶賛に至らなかったのは本当に残念。
もちろん映像や音楽は非常に素晴らしく劇場で鑑賞する
価値はありましたしその点では非常に良かったのですが・・・
あと個人的にはオーディションのエピソードで
奏が夏紀に引きずり出されるシーンは見たかったかなとw
もちろんアニメでやったらコミカルになりすぎるかなと
思うシーンではありますが原作ではかなり印象的なシーンだったので
もし原作を読んでいない人は読むことをオススメいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/14 19:49

SONY SRS-XB01 ポータブルスピーカー

仕事で使っているトラックにはラジオしか付いてない・・・(しかも車によっては
AMのみだったり)運転中にイヤホンはしたくない・・・
というわけでポータブルスピーカーを購入しました。

SRS-XB01
SONY SRS-XB01 2893円(税込み)

これを手持ちのMP3プレイヤーと接続して運転中に手軽に音楽を聞こうというわけ。
ちなみにスマホや対応プレイヤーならBLUETOOTH接続でワイヤレスで使える。
自分は古いプレイヤーしか持ってないのでとりあえず有線で接続。
しかも
・防水なので風呂でも使える。
・スマホなどでハンズフリー会話できる。
・スピーカー側でプレイヤーを操作可能。
といった中々のスグレモノ。
大きさは手のひらサイズで携帯性も良くカバンに入れておけば邪魔にならない。
小型のモノラルスピーカーだが音質はまずまずで鑑賞に耐えうる。
自分は未だにガラケーなので恩恵は少ないが近い内にスマホにしたいと考えているので
将来性を考えて購入してみましたがこれは良い買い物でした。

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
家電 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/04/15 18:56
 | HOME | Next »