けものフレンズ最終回「ゆうえんち」感想

けものフレンズ12話

今期見ていたアニメは

小林さんちのメイドラゴン
ガヴリール・ドロップアウト
亜人ちゃんは語りたい
リトルウィッチアカデミア
AKIBA’S TRIP
けものフレンズ

と言った感じですが中でも最も話題作だった
けものフレンズが最終回を迎えましたので今回は特別にちょっと
感想を書きたいと思います。

この作品は第一話放送時にはかなり評判が悪くて
かく言う自分も開始10分で切ったぐらいでした。
理由は大きく二点で

・CGアニメでなおかつクオリティが低い

・深夜アニメと思えないような子供向けストーリー

という意見が大勢で自分もそのように感じました。
が、3話放送を過ぎたあたりからネット上のあちこちから
「すごーい!」「たのしー!」と言った劇中台詞が見られるようになり
また内容についてもかなり面白くなってきたという声が聞かれ
これはちょっと波が来てる感じがして5話から視聴を再開しました。
その時の感想は

あ、これ悪くないな。

と言った所でまだそこまで盛り上がる理由がわかりませんでした。
元々子供向け作品も良く見ていたのでそういうのは苦手ではないし
女の子萌えじゃなくて動物萌えモノとして作ってあるのが好感が持てるなと。
まぁしばらく見てみるかと翌週6話を見たら・・・
ラストの台詞でガツンとやられました。
あっ、そういう世界観だったの!?って感じでちょっと驚きましたね。
慌てて1~4話を動画サイトなどで観たら・・・

なるほど!これは面白いよ!!

となってハマった次第。
それ以降は毎週楽しんで観ることが出来ました。
と、前置きが長くなりましたが最終話の感想を。
一言で言うなら

素晴らしい最終回でした。

1話から積み重ねた伏線を回収しつつあくまでもほのぼのの
範囲内に収めているのが良かったと思います。
ネタバレになるのであまり詳しくは書きませんが
「うしおととら」のラストに近いものがありました。
ていうか実際あの流れをリスペクトしてるような気がしますね。
その証拠ってわけでもありませんがこれ
6話の1シーン
けものフレンズ6話

ハシビロコウさんが持ってるのはどう見ても・・・
もちろんあれほど大規模な話ではありませんが
物語としての大筋は近い気がしました。
11話のラストが衝撃的すぎてどうまとめるかすごく心配でしたが
杞憂でしたね。きちんと説得力をもたせた上で大団円に持っていったのは
すごく良かったと思います。
またラストの二段落ちもすごくいい。久しぶりにツボにはまった
作品になりました。
謎自体は全て明かされたわけでなくまた最終話で更に張られた伏線も
ありますので二期もしくは劇場版が作られる可能性が高いんじゃないですかね。
(ラストカットで画像を加工すると見える「つづく」の文字が・・・)
一応公式で放送終了後の展開があることはアナウンスされているので
楽しみです。

この作品は基本的に伏線もその回収もあまり説明がなくサラッと
入れてくるのでボーッと見てるとただの癒やしアニメですが
(それ目当てで見てもまったく問題ないですけど)それらに
気づくとガッツリハマると思いますので未見の方はとりあえず
4話まで観ることをオススメします。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/30 01:10

秋葉でCPUガチャ

なんかマウス(M705t)がやたらチャタリングするようになった。
まだ保証の3年内だったので一応交換の手続きをしたものの
交換されるかわからないしそれまで待てない・・・というわけで
秋葉へマウスを買いに行ってきた。
まぁマウスだけなら通販とか近場で購入したほうが安いのですが
他に探してるものもあったのでついでに。

本日買ったもの
M500
臨時的に有線のM500(3551円)をツクモで買いました。
もしM705tが交換されたらサブのG400と交換するつもり。

で、たまたまBUYMORE行ったらCPUガチャやってたので一回引いてみた。
CPUガチャはガチャポンのカプセルにジャンクCPUが入ってて1回500円で
回すもの。何が出るかはお楽しみ。動けばラッキーぐらいのギャンブルですが・・・
出たのがこちら
i7-3820

i7-3820

何このでかいの・・・ってi7-3820って書いてある・・・
調べたらLGA2011ソケットらしい。そんなマザー持ってません・・・
1151とか1150のCPUが欲しかった><
中古マザーでも探すかね・・・
ちなみにi7は大当たりらしいけどマザー持ってないので宝の持ち腐れですな。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村



自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/25 21:39

ASUS DUAL-RX460-O2G

さて先日買ってきたRX460を取り付けてみたのでレビューを。

外したHD7770と比較するとこんな感じ
RX460

全長はほぼ同じですが裏返すと
RX460

ボード自体は短くなっています。
またCF用端子は無く※補助電源も不要になっています。
※しばらく前からCFはブリッジケーブル不要になったんですね。知らなかった・・・
メンテナンス時に補助電源が結構邪魔だったのでこれはありがたいですね。
取り付けるとこんな感じ。
RX460

DUALファンは初めてですが大径化してるので五月蝿くはないようです。
特に問題なく起動したのでドライバを入れてベンチを取ってみます。

ゆめりあベンチ
HD7770 スコア106535
RX460  スコア146008

FFベンチ新生エオルゼア
HD7770 スコア7763
RX460  スコア11366

FF蒼天のイシュガルド
HD7770 スコア2464(普通)
RX460  スコア4638(快適)

はとぅねベンチ
HD7770 スコア42334
RX460  スコア54482

MHF3大討伐
HD7770 スコア6367
RX460  スコア17017

比較グラフ
RX460ベンチ結果


RX460

RX460

RX460

HD7770とはクラスは同じ(ミドルロー)ですが3世代差があるので
ベンチスコアは結構上がっています。
今回は6980円で購入できたのでかなりお得感があります。
(通常このクラスは10000~13000円)
しかも型落ちじゃなくて現行品なのが良いですね。
まぁ4月にRX500シリーズが出てすぐ型落ちになるわけですがw
HD7770を購入したのが2012年9月なので大体5年ぐらいですか。
タイミングよく交換できてよかったかな。

そして消費電力ですが
アイドル時(システム全体)
HD7770 80w
RX460  72w FFベンチロード時 178w
と大幅に消費電力低下しました。ビデオカードはゲームするときぐらいしか
活躍しないのでアイドル時に低いのは非常にありがたい。
しかも性能はアップしてるから時代の進化を感じさせますね。
補助電源不要なだけはあります。
10000円以上出せるなら1050Tiをオススメしますが
さすがにこの値段ならコスパ最高という感じですね。

ASUS DUAL-RX460-O2G [PCIExp 2GB]

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/10 23:57

今日の秋葉

BUYMOREの4周年記念セールが今日最終日ということで
特価品リストを眺めてたら
ASUS DUAL-RX460-O2G (RADEON RX460 2GB)
限定特価(税込) ¥6980
が目に止まり朝イチで秋葉へ。
開店1時間前の10時に到着しましたが・・・
誰も並んでない。
まぁそれほど目玉商品はなかったからこんなもんかなと思いながら
開店してる店を回って時間つぶし。
秋葉原
RYZEN売れてますねえ

秋葉原

秋葉原

30分前に戻るがまだ誰もいない。
更にぶらついて10分前に行くとやっと6~7人並び始めたとこでした。
程なく開店して余裕で購入できました。
ちなみに他店では同じものが12000円程で売っていたので
結構良い買い物かと。
4月にRX500シリーズが出るので処分売りですかね。
今はミドルクラスだとGT1050Tiあたりが売れてるようでRADEONは
あまり人気ないせいもありますが。

開店前に店の人が「RYZENのマザーは売り切れです。他店にも無いと思います。」とアナウンス。
3/3ににAMDの新CPUのRYZENが発売されましたがマザーの供給が追いつかなかったようです。
今回のCPUはかなり評判が良く久しぶりに自作界隈が盛り上がっている様子。
今回出たのはハイエンドクラスなので普及帯のRYZEN5を待ちたいところ。

秋葉原

秋葉原

仕事があるので購入したらさっさと撤収。
今回購入したものはこちら
RX450

RX450

RX450
一見大きそうですがボード自体は割と短くてクーラーがはみ出してる。
CF端子無し 補助電源不要のタイプです。
HD7770から換装する予定ですがレビューは後日に。
軽くベンチ結果を検索したところHD7770の倍ぐらいのスコアのようです。
RX460はFluid Motion対応のようなのでDVDとかがよりスムーズに
見られるようになるのかな?

【動画比較】AMDのFluid Motionならアニメが60fpsでヌルヌル動く!!

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村





自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/05 23:10

映画『虐殺器官』感想

虐殺器官

「虐殺器官」

監督 村瀬修功
原作 伊藤計劃
脚本 村瀬修功
キャラクター原案 redjuice
デザインワークス 荒牧伸志

伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく「Project Itoh」の最終作
「虐殺器官」を観てきました。前作「ハーモニー」と同じく原作は未読です。

観終わった感想
ちょっと難解な部分もあるけど結構面白い。

あ、難解と言ってもハーモニーよりはわかり易いとは思いましたが
ただ小説と違い映画は?と思っても戻って読み返せないので
ちゃんと観てないとわかりにくい部分も多かったかなと。
物語としては近未来サスペンスで小道具はSFを感じさせるものもありますが
基本的に現代劇の延長という感じでした。そこらへんは前作ハーモニーに
近い印象でまたたった一人の人間の意思判断が世界の命運を決定づけるという点でも
共通しています。

原作を読んでいないので一回観ただけでは物語をきちんと理解できてるか
わかりませんが「虐殺の文法」というアイデアはなかなか秀逸だと思いました。
特にラストは「あっ・・・そういう事か!」って感じで映画としては
良い締め方だったのではないでしょうか。

主人公はある処置によって常に冷静(フラット)なキャラですので
あまり感情移入できませんがそれも話の筋に大きく関わる部分なので納得できます。
(ボトムズのキリコをちょっと思い出しました。)
ただ生い立ちや背景があまり映画では語られないので幾つかの行動には
やや疑問を感じる部分も出てくるかもしれません。(原作ではその部分も
言及されているらしいです)
特に主人公がヒロインに惹かれる理由とか最後の行動の意味合いが
一回観ただけではちょっと理解できた自信がないですね。

アニメーションはキャラクターデザインを含め過不足無い出来ですが
内容的に実写の方が良かったのでは?と思う部分も。
ただ話的に(台詞は日本語だけど)英語で会話しているというのが
重要なので日本人では無理だしハリウッドでやるには地味かな・・・
となれば必然的にアニメしか無いという感じでしょうか。

アニメ作品というよりは普通に面白いサスペンス映画なので
割りとオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
虐殺器官|映画情報のぴあ映画生活

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/02/13 15:24
 | HOME | Next »